診療体制変更のお知らせ

年内の診療は12月28日(水)午後診までです。この日は夜間診療はありません。

インフルエンザ予防接種のお知らせ

10月1日よりインフルエンザ予防接種が開始しております。インフルエンザ予防接種は、診療時間内でしたら、予約不要でいつでも接種できます。

一般診療時間内なので多少時間がかかる場合がありますので、以下のインフルエンザ特診日での接種をお勧めします。

○インフルエンザ予防接種特診実施します予約不要です)受付時間内にお越しください

10月21日・11月25日の金曜日の午後外来注射2.jpg

10月29日・11月12日・12月10日の土曜日の午前外来

 

○10月〜12月の第2・4の小児予防接種枠では、付き添いの保護者のインフルエンザ予防接種も同時に行ます(こちらは子ども、大人の方ともに予約をお願いします

インフルエンザワクチンはなくなり次第終了となります。ご了承ください。

  

健康祭り2016開催しました!!!

10月23日にあさお診療所で健康まつりを開催しました。秋とは思えないほど気温の高い日でしたが、健康チェックや、物品販売、また組合員さんの作品展など多彩な催しとなりました。また今回は診療所が20周年ということで、昔の診療所や健康まつりの写真も展示しました。こちらは現在診療所内に展示してあるので、ぜひ見てください。作品提供してくださった方、お越しいただいた方ありがとうございました。

kennkoumaturi20161.png

 

  

B型肝炎ワクチン定期予防接種開始してます。

川崎市在住の平成28年4月1日生まれた1歳に至るまでのお子様が対象になっております。

詳細は川崎市ホームページまたは、川崎市予防接種コールセンター044−330−6940へお問い合わせください。

あさお診療所では公費接種実施しますのでご利用ください。(あらかじめ予約をお願いします。)

対象の方には市より予診票が送付されますが、生後2か月からはじまる予防接種ですので、接種スケジュールをよく確認ください。

 

 

  

企業、団体健診うけつけます。

事業主・健診ご担当者様へ・・・・

企業健診イラスト.gif

あさお診療所では雇用前健診、企業団体健診受けつけております。

時間、健診内容など会社単位でご相談ください。

電話 044−951−3940 担当松永宛にお気軽にご連絡下さい。

 

川崎市特定健診受診券発送始まります!!!

川崎市国民保険の特定健診は対象者(40歳以上の川崎市国保をお持ちの方)へ家族イラスト(うり坊用)2.gif

6月に市から受診券が発送される予定になっています。年に1度の健康確認!忘れずに受診券届いたら、早めに健診受けましょう!

乳幼児健診・BCG予防接種が医療機関制へ変更となります

川崎市乳児予防接種でBCGが保健福祉センターから協力医療機関制へとなりました。

あさお診療所ではBCG接種を行いますが、他の予防接種とは違い時間がかかるため、第2第4火曜日午後の14時〜16時の間で予約制とさせていただきます。

(お子様の状態によっては接種までに時間がかかる場合があります。お時間に余裕をもってご来院ください)

詳細は川崎市BCG事業参照してください。

川崎市乳幼児健診は3ヵ月、7ヵ月、5歳児健診が協力医療機関制へとなります。

対象:3ヵ月 H27年12月15日以降に生まれたお子さん

   7ヵ月、5歳児検診については従来通りの実施になります。

*詳しくは麻生区役所 地域みまもりセンター 044−965−5157へお問い合わせください。

あさお診療所はいずれも実施できます。

1.6歳と3.6歳健診は保健福祉センターでの健診となります。

後期高齢者特定健診受診券発送開始しています

75歳以上で川崎市民の特定健診は、4月下旬に受診券発送されています。5月ごろは比較定期空いている時期です。毎年秋から年度末に非常に混み合いますので、お早目の受診をお勧めします。健康診断は予約で行っております。窓口かお電話で事前にお申し込みをお願いいたします。

                 かわいい老人3.gif

物忘れ外来をリニューアルします!!!

第1週目、3週目、5週目月曜日の11時半〜12時半

もの忘れ外来・初診の患者さん向けに予約制ではじめます。

物をどこに置いたか忘れてしまった、時間や季節がわからなくなってしまった、何種類の料理を同時に作れなくなってしまった、徘徊をしたり、物を取られた妄想を言ったりするようになった。あなたの周りでこのような症状で困っている人はいませんか?このような症状でお困りの方に、『もの忘れ外来』をリニューアルします。

もの忘れには正常な老化、認知症、認知症に似た他の病気などがあります。これらを問診、診察、認知機能検査、画像検査(他院で実施)を行い、診断していきます。

現在でも認知症や認知機能障害の患者数は多く、今後認知症患者が増えてくることが予想されています。認知症は一人で悩んだり、家族で抱え込んだりするものではなく、地域でみる病気です。地域でこのような症状でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談下さい。

診療体制により日時、時間変更する場合がございます。

あらかじめお手数ですが、ご予約してから来院おねがいします。

           かわいい老人3.gif

高齢者の肺炎球菌ワクチンが公費負担で受けられます。

高齢者の肺炎球菌ワクチンが公費負担で受けられます。
家族イラスト(うり坊用)2.gif

肺炎は細菌やウイルスなどの微生物が肺に入り込んで起こる炎症です。肺炎の原因となる微生物には様々な種類のものがありますが、日常でかかる微生物で最も多いのは肺炎球菌という微生物です。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種により、肺炎球菌による感染症の予防や感染した場合の重症化を防ぐことができます。

 川崎市民で年度内に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳、101歳以上の方が対象です。

自己負担金は4500円です

あさお診療所では公費補助の肺炎球菌ワクチンも接種可能です。

接種希望の場合は電話にて予約してから来院お願いします。

※インフルエンザ、肺炎球菌は生活保護の方や、世帯全員が市県民税非課税の世帯の方は無料になります。

詳細は川崎市ホームページ参照ください。

ママ&ベビー2ヶ月健診始めます!!!

ママ&ベビーの定期的な健診チェックに2ヶ月健診を始めました。

*ベビーの身長・体重・頭囲・胸囲・診察赤ちゃんと家族.gif

*ママの身長・体重・腹囲・尿検査・血圧・診察

*ママの産後の体調相談

*育児相談・予防接種のスケジュリング

健診は予約制となっております。(第2・第4火曜日の午後)

詳細はあさお診療所までお問い合わせください。

子宮頸がんワクチンについて

報道でもご承知の通り、現在子宮頸がん予防ワクチンの接種は積極的に勧められていません。接種を行うかどうかについては有効性とリスクをご理解の上でご検討ください。

子宮がんの原因はほぼすべてがHPVウイルスの感染です。ワクチンを3回接種することで感染を70%予防する効果があるとされています。ワクチンによって比較的経度の副反応が起こることがわかっていますが、今回報道されている複合性局所疼痛症候群(CRPS)はワクチンの成分で起こるものかはわかっておらず、背景因子は未だ不明です。CRPSなどの重篤な副反応とワクチンの因果関係や関連性の調査には時間がかかるため、現在、国では積極的に接種を勧めないことになりました。

「接種する」「しない」の判断が各個人に任されてしまっている現状には困惑するかと思います。答えは出せませんが、ご相談には応じます。詳しくは診療所まで。

詳細は厚生労働省ホームページ

 

乳がん・子宮頚がん検診行っています(要予約)

女性医師による子宮頸がん検診、乳がん検診(触診のみ)を行っています(要予約)。なお子宮体がんについては、川崎市のがん検診では「不正出血・月経異常・色のついたおりもの」のあるかたを対象としていますので、対象の方は検診ではなく婦人科受診をおすすめいたします。
乳がん検診はマンモグラフィーが必須です。マンモグラフィーは久地診療所、または他の設置医療機関での予約実施となります。

平成27年度 ―川崎市 肝炎ウィルス検診(無料)―

B型肝炎、C型肝炎ウイルスの検診が市の制度により24年度も引き続き無料で受けられるようになりました。
針の使いまわしで予防接種を受けた世代の方、お産で大量出血の経験がある方、ピアスや入れ墨のある方など不安があれば年齢に関係なく受けることができます。ただし、過去に市の制度で肝炎を受けたことがない方、川崎市に在住の方が対象です。ご希望の方は職員までお申し出下さい。

facebook始めました

あさお診療所

Facebookページも宣伝

こちらをクリックしてください。

ティーサーバー、カフェボード設置しました「カフェあさお??」

あさお診療所に新しく2つのグッズが登場しました

サーバー.jpg

ひとつは待合室の「ティーサーバー」。以前は麦茶のポットサービスを行っていましたが、これからはホットとコールドの麦茶・緑茶・コーヒーを年中お楽しみいただけるようになりました。 ティーサーバーの運営資金として「ドリンクカンパ」を皆さんにお願いしています。毎回でなくてもワンコインでも構いませんので、ご協力よろしく お願いします。

インフル.jpg

そしてもうひとつは「カフェボード」。折々のお知らせを書いて玄関に設置しております。なんと文字とイラストは清田先生の手書き!「素敵なカフェみたい」「とてもイラストが上手」と患者さんからもご好評をいただいております。診療所に来た折には内容をチェックしてみて下さい♪

ご存じですか?「限度額適用認定証」市社保協発行制度活用パンフより

入院する場合、ぜひこの認定証を持っていきましょう。 これがあると、「自己負担限度額までの支払い」になります。
これがないと、「3割すべて支払い、後日払い戻し手続き」です。 健康保険証と印鑑を持って  国保・・・区役所の国保課へ  健保・・・会社の担当課へ 制度活用パンフは、¥100でお分けしています。 この他にも役立つ制度が満載です。職員まで声をかけてください。